自分の老後

こんにちは!30代の独身女性になります。

 

30代で独身ということはそろそろ結婚も考えないと行けないのですが

結婚のけの字もない感じで、、、、

 

結婚には程遠いかもしれませんので、自分の老後に関して考えることにしました。

 

老後で一番心配なのがお金とお墓ではありませんか?

お墓に関して考えていたらその他のことも心配になってきてしまったので

いろいろ考えたことをご紹介しますね!

 

 

まずはお墓に関して。お墓の問題は、、、

私は一人っ子なので、親のお墓にはいるのかもしれませんが、

それ以降にお墓を管理してくれる人がいなくなってしまいます、、、

 

自分がもし結婚しないで子供もできないのであれば

だれが自分の葬式をして遺骨を管理してくれて供養してくれて

お墓参りはだれがするのか。。。。

 

だれもいませんよね(笑)

だとするとそういった場合の人も世の中にはたくさんいると思うんです。

 

その場合に関していろいろ調べてみました。

 

納骨堂というシステム

お墓って必ず持たなくてもいいんですね。

 

なんかお墓がちゃんとあるって憧れではなるのですが、、、

でもお墓は土地代とか維持費などもかかるので

その維持費を払っていけて管理してくれる人が世の中にいる人じゃないと難しいですね。

 

そうすると私のようにだれも管理してくれる人が今のところいない人に関してはどうしたらいいのか。

納骨堂というシステムがあるようなんです。

 

 

納骨堂に関しては最初は遺骨を一時的に保管しておく場所だったそうなのですが

今ではそこでも納骨して供養してくれる場所になっているそうです。

 

私のような一人っ子独り身に関しては一番の最適な場所ですね!

また、だれも管理してくれる人がいない場合でも永代供養もしてくれるそうなので

安心です。

 

もし母や父がなくなってお墓に入ってから私しかいなくなって

私もいよいよという時には家族そろって納骨堂に移動しようかなと思います(笑)

 

だってだれも維持してくれないから他人にお金を払ってみてもらうしかないですもんね!

自分のお墓は海?

お墓も生前に購入しておく事もできますが

なんだかイメージがつきませんよね?

 

あとはお墓ってやっぱり高いんですよね、、、

いろいろと費用がかかるしお葬式でも費用がかかるのに。

 

 

でもお墓もいろいろと見に行ってみようと思います。

 

お墓を持たないスタイルもありますよね。

海が好きな人は海に遺骨をまいてほしい!

とかいう話をテレビで聞いたことがあります。

実際にウインドサーフィンの選手ががんでなくなったというドキュメントをやっていたのですが

そのときにはハワイの海に遺骨を家族がまいていました。

 

その海に来るたびになんだかその人のことを思い出せますよね。

 

きれいな海とその人との思い出がかさなって

なんだかいい埋葬場所になりそうな。

 

私もそうしてもらおうなか。だれに?(笑)